大原きぼうの森館
〒838-0115
小郡市大保1465番地1
0942-42-6710

ホーム > 講座・イベント > 講座・イベントの報告 > 食育講座

食育講座

 ◆ミニ食パンを作りましょう 5/13

 

 

 今回はステップアップ講座、食ぱん・ぶどうぱん作りに挑戦しました。エプロンを付けて最初の作業は、材料を混ぜひたすらたたいてひっぱって、パン生地を作ることでした。先生いわく「食パン作りで一番大切な工程」ですが、休みなく生地をこねる作業はかなりの重労働でした。ですが一次発酵、二次発酵とパンが膨らんでいく様子に期待感も高まり、オーブンからパンが焼きあがった時には香ばしいかおりに疲れも吹き飛び、皆さんの歓声がわきあがりました。
又、合間に昼食の米粉ぱん、玉ねぎのスープ等を作り試食しました。

 

 syokupann1.jpg syokupann2.jpg
生地つくりで腕がクタクタ・・   焼きたてのパンに、笑顔!
syokupann5.jpg  syokupann3.jpg 
焼きあがった自分の作品をまずは、写メ!

ふっくらと香ばしくやきあがりました~ 

   

 ◆フレッシャーズさんの簡単IHクッキング(パート3) (3/9)

 

 

 今回は、1人暮らしや、新生活の料理デビューの皆さんが美味しい出汁の取り方からスタート。昆布、いりこ、カツオのそれぞれから出汁を取る下準備の手順を聞いて「えー」「へー」と・・・始めて出汁を自分で取りました。1人暮らしなどで不足しがちな栄養を補う方法も沢山教えてもらいました。なかでも食物繊維が手軽に取れる食材のもち麦を紹介してもらいました。「これならできそう」という参加者の声。卵焼きやチャーハンにもち麦を足すというレシピを教えてもらいました。他にも、簡単に1品足せるレシピなどで「できそう」「作ります」と嬉しい感想をもらいまいた。

 

 hajimete2.jpg hajimete1.jpg
美味しい出汁を取りましょう・・   栄養たっぷり・・
   
 
  
   

 ◆男の料理・冬版2/7

 

 

 今年度、2回目の「男の料理教室」では冬に食べたい4品作りました。健母の会の方より、「食事の大切さ」はもちろん、「一日に必要な栄養」や「どのような食材をどのくらい食べるといいのか」などポイントを教えてもらいました。参加者の中には、「食事を作っています」という方から「何十年ぶりに料理を作った」という方まで経験はいろいろでしたが。楽しく和気あいあいと料理を作られてました。作りやすい品々なので、家でもぜひ実践していただきたいと思いましす。今回のメニューは・・・やわらか鳥胸肉のカレーピカタ・あったか簡単!鮭粕汁・ニラと竹輪の小鉢・トーフ団子のあんかけでした。

 

 otoko1.jpg otoko6.jpg
先ずは料理の基本のお話から    本日の食材
 otoko2.jpg otoko3.jpg 
肉と魚の 切り方のコツは・・・
野菜の切り方は・・・  
   

 ◆IHを使って時短料理(パート2) 1/19

 

 

 料理の前に、毎月手元に届く「電気使用量のお知らせ」の見方を教えてもらいました。この書類には請求金額を確認するだけでなく、前年同月と比べたり、ポイント等の情報も掲載されていました。
続いてIHを使って忙しい時のお役立ち料理、れんこんのそぼろ煮からのアレンジ料理のコロッケ、炊き込みご飯と豆乳ごまみそ汁、鶏の柚子こしょう焼きの4品を作りました。料理を作りながら、揚げ油の温度・時間設定や鍋の中身を対流させる操作方法等を教えてもらえました。次回パート3は料理の初心者向けに3月9日(土)10時から予定しています♪

 

 1月IH②-1.jpg 1月IH②-2.jpg
実習の前の学習!    れんこんのみじん切り・・・
1月IH②-3.jpg  1月IH②-4.jpg 
IHでは、天ぷらを揚げる時に温度を設定できます!
4品、できあがりました!  
   

 ◆Mr,GGのベークドチーズケーキ12/21

 

 

 家庭でも簡単に失敗なく作れる「ベークドチーズケーキ」を教えてもらいました。生地を作るコツを、手順を追いながら教えてもらい各自ケーキを焼き上げました。40分の焼きの時間がとても待ちどうしかったです。試食をして大満足でした。焼きあがったケーキは1日置いてから食べるのががおすすめです。

 

 beikudo1.jpg beikudo2.jpg

Mr.GGの指導でケーキ作りスタート!

   まるでケーキ屋さん
   
 
  
   

 ◆IHを使ってお正月料理  11/24

 

 

 電気を利用して調理できる調理器具のIHでお正月料理つくりを体験しました。自宅で使用中の方も、初めての方も便利で安全な使用方法を教えてもらいながら、あっという間に5品作ることができました。特に皆さんの注目を集めたのがフライパンでお赤飯を炊くでした。ガス台とはまた違う使用方法で料理ができました。「安全ですね」「家に帰ったらすぐ作ります」「お正月の一品にとてもよろこばれそう」などの感想もいただきました。

 

 1ih.jpg 5ih.jpg
伊達巻は魚焼き器で    対流するので鍋を火にかけるだけ・・・
 4ih.jpg ryouri.jpg 
 お正月料理の完成
お赤飯はフライパンで  
   

 ◆昔ながらのパン作り 10/16

 

 

 オーブンさえあれば、家でもできる手ごねパンを教えてもらいました。混ぜ合わせた材料をしっかりと弾力が出るまでこねあげるには、たたいて伸ばして上下をかえすの繰り返しでやっと出来あがります。その時皆さんの額には、うっすら汗がにじんでいました。その後発酵と成型を終え、ピザパン・ブドウパン・ウインナー巻きパン・ホットドッグ用パンが焼き上がりました。自分で作ったパンは格別!こね方ひとつでパンの出来上がりが変わる事を知りました。パン教室に通ったことがある方からは、「前の教室では生地ができていたので、生地をこねる所から作ることが出来てとても良かった」と感想を頂きました。

 

 pan1.jpg pan2.jpg
こねて、たたいて、こねあげます!    発酵の加減は、指で押して確認!
pan4.jpg  pan5.jpg 
 先生の手に注目!
できたてパンは、いい香り~  
   

 ◆夏版・男の料理 (9/12)

 

 

 夏の食材を使って、健母の会の方々に教えてもらいながら1時間少々でおかず・デザート全4皿が出来上がりました。キャベツの千切りがつながっていたりしましたが、「簡単においしいものが作れ、楽しかった」「自分で少しやってみようと思った」等感想を頂きました。

 

otokoryouri3.jpg  otokoryou1.jpg
最後の盛り付けに挑戦中    一汁三菜デザートまで出来上がりました!
   
 
  
   

 ◆減塩マイルド梅干し(6/13)

日本の保存食として食べられてきた梅干しを減塩で漬け込み、梅酢が上がって加える赤しそをもんで作ります。まずは、昨年漬けた減塩マイルド梅干しを試食しました。もっとマイルドにしたい方向けには、氷砂糖を増やす等して思い思いの「減塩マイルド梅干し」を漬け込みました。その早さにビックリ!梅干し漬けが1時間少々できました!これなら梅干し漬けも気軽になります。
その後、副産物の梅酢を使ったドレッシングでトマトサラダをおいしく試食し、使用後の赤しそは減塩ふりかけにも利用できる事を教えてもらいました。

これから梅酢が上がって、変化していく様子が楽しみです

 

 

ume1.jpg  ume5.jpg
梅によく塩がなじむように、瓶をまわして・・    新鮮な赤しそを使ってのしそもみ中。
 ume3.jpg ume4.jpg 
 梅酢を利用したドレッシングで
サラダを試食しました。
梅漬け2日目。
もう、梅酢が上がってます。  
   

 ◆基礎から学ぶ男の料理教室(2/16)


健康を作る食生活のポイント
 1、主食・主菜・副菜をそろえよう 
 2、野菜を1日350gたべよう 
 3、減塩につとめよう 
というお話を聞いてから調理をスタート!
出汁のとり方から基本的な野菜の処理の仕方、手順など丁寧に健母の会の皆さんに教えていただきました。初めて料理をしたという方も手際よく調理されていました。

 

 

 

 otoko1.jpg otoko2.jpg
まずは食生活のポイントから    酢鶏を作りました
   
 
  
   

 ◆初めてさんのパン作り教室(1/16)

パン作り初心者むけに手ごねで、あんぱん・メロンぱんを作り、発酵の間に簡単チョコ菓子とクリームスープを作りました。 初めてのパン作りでしたが、皆さん丁寧に作られていました。

「家に帰って家族に食べさせたい」「お店の様においしくできました」など感想をいただきました。

 

panhoukoku2.jpg  panhoukoku3.jpg
メロンぱんのクッキー生地を量ります  あんぱん・メロンぱん・簡単チョコ菓子・スープを作りました
   
 
  
   

 ◆我が家風の味噌&甘酒を作りました(11/5)

 

昔から食べ続けられている発酵食品の味噌と甘酒を作りました。家庭で手軽にできるように鍋で米麹を煮て作りました。味噌は一晩つけた大豆を煮るところから作りはじめ麹と混ぜ合わせそれぞれ容器に詰めて家庭でじっくり醗酵を待ちます。さらに、麹を利用した料理の試食しました。「思ったよりも手軽にできました」「出来上がりが楽しみです」「家庭で取り入れます」と感想をいただきました。

 

 

 miso2.jpg miso1.jpg
 麹入れる大豆を煮ましょう・・・    大豆の煮具合は指でつぶれるくらいです・・・